病気の症状と治療の方法

カウンセリング

病気の種類を知っておく

うつ病は憂鬱な気分が長く続いたり、些細なことでイライラしやすくなったり、思考力や意欲、集中力、気力などが低下するなどの症状が見られます。人と会ったり、話をするのが億劫になったり、家事や仕事でミスをしやすくなったり、学生の場合は成績が落ちることもあります。気になる症状が3、4週間続く時は、精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、医師がカウンセリングや面談を行って、複数の症状が当てはまる場合はうつ病が診断されることが多いです。家族の協力が得られる場合は、付き添ってもらうことで本人が気付いていない症状がわかることもあります。うつ病の患者は真面目で責任感が強い人が多いため、心身共に疲労をしている人が多く、十分な休息や睡眠が必要です。症状が重い場合は一時的に入院をして、ストレスの多い環境から離れるのも効果的です。精神神経科の病院やクリニックでは、抗うつ剤や抗不安薬などの薬物療法が中心になりますが、問診やカウンセリングなどの精神療法も行います。入院して治療を受ける場合は、音楽療法や作業療法なども受けられますし、間違った考え方を改めるための認知行動療法なども有効です。本人には大変辛い症状ですが、現代は優れた医薬品が開発されており、6か月から1年ぐらいで社会復帰ができる人も増加しています。早い段階で病気を発見することで、回復を早めることも可能です。抗うつ剤や抗不安薬は即効性がありませんが、一か月ぐらい続けていると気分の落ち込みが少なくなります。うつ病は気分が優れず、倦怠感や性欲の低下、睡眠障害、食欲の低下などがみられる病気ですが、一般的な病気の他には、新型うつ病で悩んでいる人も増加しています。比較的若い年代の人に多く、仕事をしている時や学校に通っている時は、一般的な病気の症状がみられることが多いですが、休日などのストレス環境から離れると気分が良くなったり、趣味や娯楽も楽しめるので、周囲の人には誤解をされたり、怠けていると感じられることが多いです。新型うつ病は内服薬の効果が出にくい傾向がありますが、精神神経科のクリニックや病院に通院をして、カウンセリングを受けたり、最適な医薬品を処方してもらったりすることも大事です。双極性障害は現代増加傾向にありますが、抑うつ状態と躁状態を繰り返す精神疾患のひとつです。双極性障害も気分の落ち込みが強い時は、同様の症状が見られたり、自殺念慮が強くなったりする傾向があるので、早めに治療を始める必要があります。病気の種類や特徴を知っておくと、最適な治療法を提案してくれます。現代は精神的なストレスを感じている人が多いですが、胃腸の不調を感じていたり、月経不順、頭痛やめまいなどの身体的な不調に悩んでいたりする人が増加しています。身体的な不調を感じて、医療機関を受診するとうつ病だと診断されることもあります。身体的な不調で悩んでいる人は、心療内科を受診するのもお勧めです。精神神経科の病院やクリニック、心療内科などでは、一人一人の症状や体調に応じた治療法を提案してくれます。最初から強い薬は出さないので、安心して通院ができます。

Copyright© 2018 うつ病の治療を始めよう【脳内部の状態をコントロールできる】 All Rights Reserved.